特別支援学校に在籍する高1のこてつ(自閉症・中度)と大1(県外)のねぇちゃん、働く母、働くパパの4人家族。 「うちんく本館」の別館です。

Prev  «  [ 2017/09 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

いりママ

Author:いりママ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

保育園の運動会

朝から怪しい天気。
園に電話をし確認、7時半には決定しよう!との園長の台詞にどちらでもいいようにとりあえず子供らに朝ご飯を食べさせる。

7時半、園長が「やりましょう!」と。

8時過ぎにこてつを連れて園に行き加配先生に預け、私は先生や他のお手伝いの父兄と一緒に黙々と労働にはいった。
ジュルジュルぬかるんだ地面にブルーシート引いたりマット出したり、椅子を並べたり、必要な道具を出したり・・・。

私の今日のいでたちは、ピンダイのラインストーン黒キャミに両Vネックの白の5部袖綿セーター、Gパン。着る人が着ればセクシャール♪バイオレ~ンス♪なんだけど、私が着ている時点で「残念」しかも既に汗だく。

9時には運動会も無事始まった。

まずはオープニング、年長さんに魔法をかけられこてつたちはネコになる。
「ネコネコしゃんしゃん、ネコしゃんしゃん~」とかって音楽の流れてる中、ネコになってトラックの中に出て行く。いちお、こてつも両手が招き猫みたいなポーズできてました。

で、かけっこ。
「よーい、ぴっ」で、やっぱし他の子が走り出したのを見てから走り始めるこてつ。もう、スタートから全然離されてますから~。楽しそうにトラックを一周してダントツビリでゴール。でも、ちゃんとトラックを止まらず一人で走ったよ。

次は忍者になっての競技。
一本下駄で4メートル位歩いて、手裏剣で忍者(の先生)をやっつけ、はしごを渡り、トンネルをくぐって、ぶら下がってる巻物を取ってゴール。
これもね、一本下駄でテクテク歩いてる時点でビリですから~。マイペースに全てをこなしてたら、ゴールした時には次の組の子達が一緒にゴールしてましたから~(苦笑)
いいのいいの、ちゃんとできてるから。一本下駄だって子供によって3段階の高さがあって、こてつは真中の高さでやってたんだから!すごいよ。
他のママさんやパパさんに「こてつくん、がんばっちゅうね~、下駄も上手やったね~」とかって言われたし。

それから、リズムね。
両手にボンボンもって花火の踊り。これ、家で毎日毎日お風呂の前後にスッポンポンで憑かれたみたいに鏡の前で踊ってたから。本番も頑張ってた。
両手両足を動かす所は手か足かどっちかだけしか動かせないけど、タイミングが遅れる所もあるけど充分充分!

一番問題だった綱引き
これ、全然こてつは意味が分かってなかったみたいで。練習のときもすぐ手を離したりしていたと聞いてた。引っ張るって知ってても、引っ張っても思い通りに動かない綱を引っ張り続けるなんて出来ないし、で、勝った・負けたなんてこともちんぷんかんぷん。
本番は、な・なんと、「オーエス・オーエス」とかみんなと一緒に言いながら綱をちゃんと最後まで持っておるっ。頑張って引っ張ってるって姿じゃないけど、軽~く引っ張ってみたりする?ってなポーズだけど。すごいよこてつ!
買った負けたはやっぱ関心なく、みんなが「わーーい」とかって喜んでる中、加配の先生に「おんぶして~」とか頼んでたみたいだけど。

そして、小学生の競争にねぇちゃんが出場し、父母の競技に私が出場し・・・。
私の姿見たら泣くかな~とか心配してたけど、加配先生の話では、その以前の競技の度の道具の出し入れから私、こてつに見つかってて「ママがおるね~」とか言ってたらしい。私の走ってる姿には大喜びだったそう。
すごいじゃん!それってすんごい進歩。「まま~まま~」の泣き虫甘えん坊こてつが。

先生の配慮で、こてつのクラスの親子競技はプログラムの最後から2番目(最後年長のリレーは決まりだから)。
私と競技を楽しんだ後はやっぱり離れる時に泣き崩れたこてつ。「ママ~、ママとおる~~~~」
泣きを引きずったまま最後の体操は加配先生に抱っこされて決して地面に降りなかった。

でも、総体的に頑張ったよこてつ。
エラかった。

スポンサーサイト

T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://kohak.blog22.fc2.com/tb.php/28-7539a5ae


ブログ内検索
RSSフィード
リンク