特別支援学校に在籍する高1のこてつ(自閉症・中度)と大1(県外)のねぇちゃん、働く母、働くパパの4人家族。 「うちんく本館」の別館です。

Prev  «  [ 2017/07 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

いりママ

Author:いりママ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

来島海峡大橋・野間馬ハイランド・湯ノ浦

朝の8時に家を出発して、しまなみ海道へ向け車を走らせること2時間オーバーくらい?
愛媛県の今治にある糸山のサイクリングターミナルは日曜日ということもあってか、けっこう人がいた。駐車場もいっぱいだったしね。
このサイクリングターミナルは来島海峡大橋の袂にある。ここで私と子供2人の自転車をレンタル。

愛媛の今治から尾道まで続くルートの中で、子供たちの体力やその後のレジャーの時間を考えて、来島海峡大橋のみ、今治から大島までの往復14キロくらいのサイクリングを計画した。(自分だけなら尾道まで行きそうだ~)

天気が良かったので、海もきれい!
20070523224429.jpg

って海があんまり写ってないけど。
20070523224404.jpg

こっちの方がもっと海が写ってるかな?上の写真は往路これは復路。
まぁ、写真撮るの下手っぴよのぅ。

こてつがよそ見&スピード出しすぎで左手の指を壁に擦って出血ってハプニングもあったけど(サイクリングセンターで消毒&カットバンの処置をしていただいた。ありがとうございました)おおむね楽しいサイクリングになった。
犬の散歩のおじちゃんとお話したり、行き交う人に「がんばれっ」ってこてつが声かけられたり(上り坂とか)、登山が趣味のばぁさまに鍛えられているねぇちゃんは、登山中のように「こんにちは~」って見知らぬ人々に挨拶してるし。。

大島の休憩所で持って行ってたお弁当を食べ、そしてサイクリングセンターに帰って車へ乗り込み、次の所へGOGO!

お次は「波方公園」
ここでは当初の予定では、弁当を食べてちょこっと遊ぶつもりだったけど、弁当は既にはらぺこだった子供たちが食っちゃったんで、遊ぶだけ。
こてつはソリが気にいって何度も乗ってたのに、ねぇちゃんに無理矢理止めさせられて、別のアスレチックみたいなのを無理強いさせられてた。むごいのーこてつ。

次の予定の「野間馬ハイランド」で、乗馬が3時までと聞いていたから、公園は適当な所でストップさせ、野間馬へGOGO!

こてつが馬に乗れるかなぁ~って不安だったりもしたけど、前の日から言い聞かせてたし(「お馬に乗るがで~、ちゃんと乗れるかなぁ~」)移動中の車の中でも言ってたら、めっさすんなり乗馬O.K。私から離れて一周してきたよ。
20070523224501.jpg


ここは遊具もあり、シャボン玉コーナー?もありで、楽しく過ごせた。

今治って遊ぶ所が豊富~。

そして、また車に乗って一路湯ノ浦のクアハウスへ。
プールに浸かって体はのんびり~、ジャグジーで寝転びながら目だけ光らせ、こてつとねぇちゃんはスライダーで大喜びの図式が、体がふやけるほど長時間となった。
その後水着を脱いで温泉へ入り(温泉は超シンプルだったわ)、
クアハウスを出てから夕食を取り(これがこてつがカレーを食べたいと言って譲らなくなって、店の梯子したよ)、高速に乗って高知に帰った。

長距離の高速はずっと2人ともスヤスヤで、私は好きな歌を聴きながら運転して帰ることができた。

*******

私の手帳にメモしてる「今年子供と一緒にすること」の一つ「来島海峡サイクリング」の任務が無事終了したよ。
まだまだ、(自分が勝手に作った)任務はいっぱいある。わくわく。

スポンサーサイト

C

omment


私も行きたい。でも遠い。

みゆきちゃん URL | 2007/06/04 00:06 [ 編集 ]


みゆきちゃん

コメントがずいぶん遅くなり申し訳ありません。

遠いでしょ、四国。
しかも高知県なんて・・・
台風が来ると陸の孤島になります。

いりママ URL | 2007/06/22 22:28 [ 編集 ]


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://kohak.blog22.fc2.com/tb.php/223-4ee56cb9



サイクリングターミナルサイクリングターミナルとは、貸し自転車(レンタサイクル)によるサイクリング散策を楽しむことを主目的として、主として地方自治体により設置された施設の一つで、宿泊のための客室を有していることが多い。ただし、宿泊施設としての規模は、10~20
ブログ内検索
RSSフィード
リンク