特別支援学校に在籍する高1のこてつ(自閉症・中度)と大1(県外)のねぇちゃん、働く母、働くパパの4人家族。 「うちんく本館」の別館です。

Prev  «  [ 2017/07 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

いりママ

Author:いりママ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

こてつの課題とねぇちゃんの課題

午後からはT娘と一緒に「からくり半蔵」の催しを見に行くようにしてたんで、午前のうちにやることやっときなさい!と、姉弟それぞれの課題をする。

まずはねぇちゃんのピアノから。
初めての曲もだいぶ私の手を煩わせる事がなくなったなぁ。
CDの操作は私がするけどさ、CD聞かせて曲を覚えさせてるうちにメロディは耳コピで部分的にドレミで歌いだすし、ある程度覚えた所で
「じゃぁ弾いて」
と、譜面を読ませると私よりも譜読みも早くなってる。ゆっくりの途切れ途切れでも、間違いなく弾けてる事を確認しといて
「じゃぁ、弾くの練習しいや、ママはお台所におるきね」
と言って、キッチンに行き食器を洗いながら練習してるねぇちゃんを見てる(対面キッチンだから)。
上手に弾けたと自分で思ったら
「ねぇ、ママ、今の上手やったろ!」と嬉しそうにこっちを見る。
やっとここまで来たのね(感無量)、、手を上げる未遂のバトルを何度も繰り返して(2.3度は上げたような記憶もあり)。

一時間ほど練習させてねぇちゃんは休憩させた。
休憩=ゲームなねぇちゃん。


さてお次はこてつ。
「あたまどりする~」(PCのゲーム)と言うこてつに
「あたまどりはこれが終わってからね」と、なぞり書き用紙と読みのプリント、空間認知課題のセット(うちんく本館・ABA5歳6ヶ月参照)を見せる。
椅子に座らせてひらがなと数字のなぞり書きから。
量的には5分くらいで終わる量(トリップ有りで5分、ナシなら3分かからないくらいかな)
つぎは、ひらがな読み。
公文のプリントを使う。すでに終わってる所だけど「これはなに(なん)ですか」「これは(それは)○○です」ってのをいくつか読ませる。
こてつを見てるとね、「これはなに?」っていう疑問は無いみたいだから。独り言でもそんな言葉が出てきたら(私が)嬉しかろうとチョイスしてみた。
終わったら、最後は空間認知の奥田センセの課題ね。先生からは「無理すんな」とは言われてるけどさ、初めての課題って訳じゃないし、一度は身に付けてたはずだから自分でもしつこくやらなければ大丈夫だろ!と能天気な考えであれから日々ちょっとづつやってる。5試行くらいかな、だいたい。
1つの部屋に1つの積み木っていうこだわりは大分薄まってきた。今日も5試行だけ。
あ、奥田センセといえば、前々回の宿題の数唱は今も毎日お風呂で続けてるよ♪

ま、そんなところでこてつはおしまいっ。
お楽しみのPCゲームをするべく、速攻で電源を入れに行った。


で、またまたねぇちゃんの番(笑)
今度は「国語の教科書読み」じゃ。
今学校でやってる所を2回読ませた後、好きな所を1回読ませる。
その後は算数の「最レベ」。
今日は「標準」の回りだから大丈夫だろうと取り掛かる。・・・程なく終了。本人もいたってご機嫌。
標準だろうがなんだろうが出来た事を褒める褒める
「すっご~い、今日はさっさとできたねぇ~、さっすがねぇちゃんっ、全部合うちゅうやんっ」
この褒めを忘れると、次回の取り掛かり時に影響するから(笑)


そして超簡単な昼食を済まして、T娘を迎えにGO!

スポンサーサイト

C

omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://kohak.blog22.fc2.com/tb.php/123-b0c80579


ブログ内検索
RSSフィード
リンク