特別支援学校に在籍する高1のこてつ(自閉症・中度)と大1(県外)のねぇちゃん、働く母、働くパパの4人家族。 「うちんく本館」の別館です。

Prev  «  [ 2017/05 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

いりママ

Author:いりママ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

膣式子宮全摘術

2013年11月29日 膣式子宮全摘術を受けました。
病理の結果は子宮頸がんの上皮内がん
扁平上皮癌と腺癌の両方が出たそうです。


記憶力低下著しい自分の為の備忘録です。
そして、子宮頸がんでこれから同じ術式予定をされている方の不安解消の一助になればと思い、記録として残しておきます。

~~~入院まで~~~

2013年8月の生理が3週間以上続き、量も多く、夜用ナプキン➕タンポンでも2時間で溢れる状態になりました。
生理終了後、近所のレディースクリニックを受診し診てもらった結果、
#子宮の状態は綺麗で、今回の原因になりそうなものも見られない。
#念のため子宮頸がんと体がんの検査をしておく
ということでその日は帰途につきました。

後日、クリニックから「要精密検査」の連絡を受け再び受診。
組織診を行いました。

一週間後、結果を聞きに行くと
#3ヶ所採ったうちの一つから高度異形成が出ている事
#これは治療が必要なレベルだがここでは治療が出来ないので、病院を移らないといけない事
のお話しを聞き、紹介状を戴いて大学病院を受診しました。

10月の頭に大学病院を受診し、その日のうちに術前検査日、結果の説明日、入院日などの予定が組まれました。

そして11月のはじめの術前検査では、組織診 血液検査 レントゲン 肺活量 心電図 エコーなどなど行いました。

11月半ば、検査結果と今後の話を聞きに行きました。が
なんと!組織診の結果がCIN2で中度異形性という結果!これにより、一気に「手術しなくても経過観察でいいんじゃないか❓」的な先生からのお話っていうか雰囲気がプンプン。
いや、でも、宙ぶらりんな状態で検査を今後続けるのは嫌だし、仕事の方も段取り組んだし、こてつの方も何とかなるし、このタイミングで一気に後顧の憂いを絶っておきたいし、、、っていう思いが自分にはあって、先生に伝えてみると、ではもう一度細胞診をしましょうと。一緒にHPV検査もしました。
そしてまた一週間後、結果を聞きに行くと
HSIL HPV18型
ということで、入院&手術へGO! となりました。

***そして入院***

手術の2日前に入院しました。
入院した日は普通食でしたが、尿量の測定が始まり、夜には下剤を飲みました。
翌日、手術についての説明をパパと母と一緒に受け、下の毛を剃り、夕食後に浣腸をしました。食事はこの日の昼食から低残渣食になっています。

手術当日、早朝から浣腸し絶食です。朝から点滴が始まり弾性ハイソックスを履いて紙のようなペラッペラの病衣に着替え、歩いて手術室まで行きました。
パパと友達が手術室前まで一緒に来てくれ、そこで「バイバイ」と手をふり別れ、それが14時前くらいで夕方には自分のベッドに戻っていました。
だいたい麻酔で30分~1時間、それから手術が2時間半くらいと事前に説明を受けた通りだったようです。
私の方は手術室の狭〰いベッドに寝ると、ガチャガチャと色々なものが取り付けられて
「酸素がいきますよー」「はーい」
「今から眠たくなるお薬が点滴に入りますよ」「はーい」
返事をした数秒後にはストンっと眠ってしまってました。

「いりママさーん」
と声をかけられ、回復室で目を覚ましたとたんに襲ってきた「腹痛」「腰痛」「吐き気」!!!
横を向いて「ゲロゲロゲロ~~」といっても水みたいなのしか出ませんでしたが。
パパがやってきて
「大丈夫?どう?」
って言うのに
「痛い~ムカムカする~」
って答えるのが、呂律回ってないみたいで、すんごくしゃべりにくい。
しゃべりにくさはすぐに収まったけど、痛みと吐き気は収まらず、でも問題もないようで自分のお部屋に帰りました。
(回復室の時点で自分の部屋から運ばれてきたベッドに寝ていたので、ベッドに寝たまま移動です)
寝返りはうてるので、腰痛緩和にあっちむいたりこっちむいたり。お腹の痛みにはミサイル発射ボタンみたいなのが渡されていて、痛みが強い時はボタンを押す⇒点滴に痛み止めが入る⇒ちょっとマシになるを繰り返していました。
この時点で、私に繋がっているのは「点滴」「尿道留置カテーテル」「酸素」の3点でした。
この日は、そのまま夜になり、朝になり。
この日の夕方から夜にかけてが一番辛い時間でした。痛みで眉間に皺は寄りっぱなしだし我慢してると手に汗かいてるし。
でも、なんだかんだいいつつ、けっこう寝てたみたいです。夜はそれほど長くなかったから。

手術の翌日は朝から水分が開始になりました。寝飲みみたいなので飲んでいる時、失敗して自分の胸のあたりに水をジャーっとぶちまけてしまい、ちょー冷たいっ!!ナースコール!ナースコール!
着替えついでに温かいタオルで清拭してもらってすっきり(´∀`)
酸素も外し、昼前にはカテーテルも抜いてトイレに自分で行くようになっていました。点滴はまだ残ってるので点滴の棒をガラガラとつきながらトイレに行ってました。
痛みの方は、発射ボタンをこの日は3~4回くらい押したかな?持続的に点滴に少量ずつ痛み止めは入っているので、手汗かく程の痛みはなくなり、生理痛くらいになっていました。
昼食、夕食は重湯です。
ベッドの背もたれを起こして、「やった~ご飯だ~」とお箸を持って、蓋を開けてビックリ!
「なんじゃこりゃー」
お椀2つとも液体。それに+野菜ジュース、ヤクルト、白い飲み物
お腹ぽっちゃぽちゃ。
夕食もそんな感じでした。

手術から2日たち、点滴が外れました。もう自由の身っていう外見で、痛みはやはり軽めの生理痛くらいです。
食事はこの日から五分がゆになり、柔らかく煮込んだようなおかずが付いています。
出血は少量ですが持続中。先生から1ヶ月は続くけど出血量が増えなければ大丈夫と言われています。
安静に関しては病棟内で制限はありません。

手術から3日たつと、シャワー浴がO.Kになりました。食事は全粥になり、安静に関しても院内制限無しになっています。
そして4日目には食事も普通食になり、元気な病人(笑)になっていました。
術後6日目に内診があり、翌日の退院の許可が出ました。

入院中は思う存分読書三昧出来ました。もうホントずっとゴロゴロしながら読んでましたよ。術後痛みのある間は痛みを紛らわすため、痛みが気にならなくなると退屈を紛らわすため。宮城谷昌光三昧!
出産して以来、これだけゆっくり休めた日々はなかったですから、神様がくれた私への休憩プレゼントかもっとかって思います。---なーんて言いながら、ホントは0ではない再発の可能性っていうのにもビビってるんですけどね。腺癌こわいYO!

スポンサーサイト

C

omment

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

| 2013/12/09 00:40 [ 編集 ]

Re: はじめまして
みんとさん はじめまして
コメントが入っていることにびっくりしました。
このブログは数年放置していたので・・・

あたたかいコメントありがとうございます。
今はもう退院して家でボチボチしております。
来週には仕事に出るつもりでもいます。
自分は、体力や健康に関しては人並み以上だとずっと思い続けていたのですが、今回のことで、本当は体は免疫力が落ちるほどSOSを出していたのかも。。と思いました。
みんとさんも、奥田先生で検索ということはこどもさんのことでお悩みがあるのですよね。
無理なさらないでくださいね。

いりママ URL | 2013/12/09 14:46 [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

| 2013/12/10 10:08 [ 編集 ]

Re: はじめまして
はじめまして、有栖さん

息子さん、可愛くて可愛くてって年頃ですね。
うちのこてつも13歳ですが、今だに何をしても何をしゃべっても可愛いです(親バカ)。
でももう小脇に抱えられないサイズなので、その点はもう可愛くないかな。
奥田先生にみていただいてるとのこと、きっとこれからグングン成長してくれますね。
困っていることととか、時間を有効に使ってどんどん相談して解決していってください!
私の、ホームページの過去記事が少しでもお役にたっているとのこと、そういうふうに言っていただけると私も嬉しいです。

こてつの事を書いたら、ちょっと入院中の一コマを思い出しました。思いっきり余談ですが書いておきますね
入院中、こてつがお見舞いに来てくれて帰ったあとで同室の方から、
「子どもさん何歳?」
と聞かれ、
「高校生と中学生です」
って答えたら、
「え、、、?さっき来てた子は?」(質問者さんはこてつの姿を見ておらず、声だけ聞いていましたから、きっと小さい子だと想像していたんでしょうね。こてつは声変わりもしてなくて可愛らしい声なのです。話す内容も小さい子っぽいですから)
「あ、あの子が中学生です(^^;) 知的障害があるので~」
とかって答えましたが、向こうも何といったらいいかわからなかったようで、話題が変わりました(^_^;)
ま、そんなこともありつつ出産以来の入院生活は穏やかに過ごせました。

有栖さんも、無理はされずお体大事になさってくださいね。

いりママ URL | 2013/12/10 15:46 [ 編集 ]

ありがとうございます
いりママさん、

お返事コメント、ありがとうございます(´∀`*)有栖です。

うちは5歳にしては大柄なので、小脇で、はもう無理で、抱っこするとシベリアンハスキー犬にでものしかかられているような圧迫感ですが(笑)
でも中身は幼くて純粋で、本当に可愛いです。
最近はスイミングのずる休みの味を覚え、火曜金曜は、朝から「なんか眠い…ちょっとお熱があるかも」とかミエミエの仮病をつかうので可愛いなあと思っています…って、どこが純粋!?(笑)

こてつくん、カーテン越しだと中学生には聞こえなかったんですね(^_^)
でも声変わりしていないと、そう聞こえちゃうことってある気がします。
サラリと知らない方にも事情をお話しされるいりママさんのお人柄、素敵です。
私はついついガードがかたくなってしまうほうなので…でも少しずつでも変わっていきたいです。
またちょこちょこ勉強にまいりますので、今後とも、よろしくお願いいたします。

有栖 URL | 2013/12/10 17:42 [ 編集 ]

Re: ありがとうございます
有栖さん
スイミングのずる休みの理由が可愛いですね。思わず笑ってしまいますね♪

こてつが中学生に思われなかったのは、お話しの内容からですよ。
「サンタさんにプレゼント、焼き立てパン工場もらう」(アンパンマンのおもちゃ)
「こてつくんお利口さんにしゆう」
「お背中掻いて」
こんなこと言う中学生いませんから(笑)

では(^_^)/こちらこそよろしくお願いします。

いりママ URL | 2013/12/12 15:17 [ 編集 ]


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://kohak.blog22.fc2.com/tb.php/224-3a2dacf6


ブログ内検索
RSSフィード
リンク